伊東潤

プロフィール

伊東潤 作家

略歴

1960年、横浜市生まれ。早稲田大学社会科学部卒業。外資系企業に勤務後、経営コンサルタントを経て2007年、『武田家滅亡』(KADOKAWA)でデビュー。『国を蹴った男』(講談社)で「第34回吉川英治文学新人賞」を、『巨鯨の海』(光文社)で「第4回山田風太郎賞」を受賞。そのほか文学賞多数受賞。最新作に『覇王の神殿 日本を造った男・蘇我馬子』(潮出版)がある。