梅野源治

プロフィール

・1988年12月13日
・出身地:東京
・戦績:62戦47勝(22KO)12敗3分
・通称:KING、日本ムエタイ界の至宝

(獲得タイトル)
・ラジャダムナンスタジアム認定ライト級王者
・初代BOMライト級王者
・第2代WBCムエタイ世界スーパーフェザー級王者
・第2代WPMF世界スーパーフェザー級王者
・WBCムエタイ・インターナショナル・スーパーフェザー級王者
・第2代M-1フェザー級王者
・第2代WBCムエタイ日本スーパーバンタム級王者
・初代WPMF日本スーパーバンタム級王者


18歳でムエタイを開始。
練習を始め5か月目でアマチュアデビュー。その3か月後、所属ジムのプロ選手が試合前に失踪。ムエタイを始めわずか8ヶ月目に思わぬ形でプロデビュー。
不意のデビューだったもの、連勝を積み重ね、12戦目に初の日本王座を獲得。
その後、ムエタイの世界的強豪選手にTKO勝利、日本頂上対決にも勝利するなど、日本人最強の地位を固め、ムエタイの本場タイのトップ選手と鎬を削る。

2014年には日本人初となるWBCムエタイ世界王座を獲得。
2016年には、梅野が最も手にしたいと語っていたラジャダムナンスタジアム認定王座に挑戦。一度はKO敗けを喫している王者にリベンジして、外国人としては史上2人目のラジャダムナンスタジアム認定ライト級王者を獲得した。