江川悦子

2022_Photo_by_HirpmiKurokawa03 トップ画像候補

株式会社メイクアップディメンションズ 代表取締役
特殊メイクスーパーバイザー

江川悦子

Etsuko Egawa

2022_Photo_by_HirpmiKurokawa03 トップ画像候補

株式会社メイクアップディメンションズ 代表取締役
特殊メイクスーパーバイザー

江川悦子

Etsuko Egawa

プロフィール
米国ロサンゼルス在住中、Joe Blasco Make-up Center、Dick Smith Advanced Make-up Courseにて特殊メイクを学び、その後「メタルストーム」「砂の惑星・デューン」「ゴーストバスターズ」「キャプテンEO」「ラットボーイ」などの映画作品にスタッフとして参加。
1986年帰国後、特殊メイクアップ、特殊造形でのパイオニア的工房、株式会社メイクアップディメンションズを設立、現在に至る。

【代表作】
映画
「ゲゲゲの鬼太郎1&2」「おくりびと」「血と骨」「ステキな金縛り」「清須会議」「利休にたずねよ」「モンスター」「小さいおうち」「予告犯」「龍三と七人の子分たち」「MOZU」「残穢」「ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶」「マスカレード・ホテル」「アウトレイジ」「検察側の罪人」「シライサン」「記憶にございません!」「日本独立」「信虎」「キネマの神様」「鋼の錬金術師」など

TV
「花子とアン」「軍師官兵衛」「カーネーション」「負けて、勝つ」「銀二貫」「彼岸島」「南極大陸」「一休さん」「JIN」「探偵 左文字進」「小林一三」「おんな城主直虎」「夏目漱石の妻」「おんな城主直虎」「麒麟がくる」「教場1.2」「青天を衝け」「おちょやん」「全裸監督」など
そのほかCM、舞台、イベントなど幅広いメディアで活動中。

雑誌の取材、テレビ出演なども多く。代表的な番組として「徹子の部屋」「金スマ」「プロフェッショナル、仕事の流儀」「ぴったんこカンカン」「モーニングバード、Aウーマン」「転職de転職」「Switch インタビュー」「あさイチ」など。
また自身が出演して特殊メイクを行った「エプソン」のCMも印象深い作品。
2022年 芸術選奨 文部科学大臣賞受賞